なぜあの記事に300以上のはてブがついたのか考えてみる

猫と本

ブログを始めたばかりであれば、アクセス数なんて微々たるもの。ほとんどが自分のアクセス数かもしれません。

徐々に検索でヒットするようになってじわじわと右肩上がりになっていくものですが、時として大量のアクセスが集まることもあります。

その起爆剤となるのが SNS で、とくに「はてなブックマーク」の威力は凄まじいもの。人気エントリーに入れば、Twitter や Facebook、他のブログで取り上げられて 1 日で数千~数万の PV が得られることもあります。

じゃあどうすれば多くのはてブを獲得できるのか、というと・・・

SNS のシェア数はターゲットと需要と運

アクセスを集める基本は「ターゲット」と「需要」ですが、たくさんブックマークしてもらう、ということに焦点をあてるなら結局は「運」の要素が一番大きいのではと思います。

たとえばこんな「運」。

  • 多くの人の目に触れる時間だった
  • 多大な影響力をもつ人がシェアしてくれた
  • ほかに目をひくエントリーがなかった

どんなに気合を入れた「これはイケるw」という記事を書いても、全然シェアされない。反面、気を抜いて書いた記事が思いのほかシェアされたりするものです。

需要を勘違いしていた、ということもあるかもしれません。でも、たいていは運が絡んでいます。

300 以上のブクマを集めた記事を見てみよう

すでにご覧になったかもしれませんが、先日とある記事が 300 以上のはてブを集めていたのでご紹介します。

http://www.sukinamonote.com/entry/analytics

Googleアナリティクスの基本の見方 – スキナモノート

記事を見た瞬間、「え? これで 300 ?」と思うかもしれません。僕は 100 近く集まっていた時点で思いました。

当然ながら同じように感じた方もいます。

内容としては本当に基本だけで、検索結果 1 ページ目にでてきているサイトを参考に覚書としてまとめられているような感じ。Google Analytics のキャプチャ画像もありません。

もし僕が同じ内容で書いたら、もっとコテコテでキャプチャ画像大量の 5,000 文字近い記事になると思います。でもそれでは同じ日時に投稿したとしても、これほどブクマされなかったかもしれません。

画像も使わず文字数も多くない、似たような内容のエントリーはたくさんあるはず。ご紹介した記事だって、「運」が絡まなければ日の目を見なかったのでは、と思います。

僕が「運」以外に学んだこと

上の記事に対する的確なコメントがこちら。

「大事な何か」は人それぞれ考えることですが、僕が学んだことは

書き手と読み手の温度差

です。

ブログ初心者を対象とした Naifix を運営していますが、先述のとおりアレもコレも入れてしまいがち。悪く言えばくどいw

実はもっと低温の記事が求められているのかもしれません。SNS からの流入を増やしたいのであれば、もっと軽い記事がよいのかもしれません。

検索流入を一番に考えているので方針を変えるつもりはありませんが、どんなブログにも当てはまるのは

書きたいものと読みたいものが合致すれば最強

ということです。

難しいところですが、読者目線て大切ですよね。

ちなみに、記事が拡散されるとふとしたつぶやきから次の記事ネタが見つかったりします。

間違いなく Google Analytics のタグが 2 個以上設置されています。

直帰率1%!?WordPressにアクセス解析を設置する時はここに注意

さいごに

Google Analytics は高機能すぎてホント難しいと思います。100 %活用できているブロガーなんてほんの一握りでしょう。

で、SNS ではなく検索サイトからの流入を考えるなら、ターゲットが「どんな言葉で検索するのか」も考えなきゃなりませんね。

記事を書くときには正確な情報が求められるのは言うまでもないことです。

著者:Ellora

わりとマジメなブログNaifixを運営しています。もうそろそろ冬眠の季節…

Twitterフォロー